ここから本文です

無人戦闘機用AIが模擬戦闘でベテランパイロットに圧勝 チェス・囲碁・将棋に続きドッグファイトでも……

ねとらぼ 7月1日(金)15時21分配信

 シンナシティ大学が開発した無人戦闘機用AI「ALPHA」が、シミュレーターによる空戦で、元アメリカ空軍のエキスパートに圧勝しました。人類側はまるで歯が立たなかったそうで、SF作品にしばしば登場する、冷徹な無人機の実現を予感させます。

【AIに挑戦したベテランパイロット】

 挑戦したのは、元アメリカ空軍大佐のGene Leeさん。教官として多くの空軍パイロットを育ててきた、空戦のエキスパートです。また、1980年代からAIとの模擬戦に臨んできた、無人機との戦闘におけるベテランでもあります。

 対するALPHAは「genetic-fuzzy systems」と呼ばれる、ファジー理論を応用した戦闘システムを搭載。センサーから得た情報を瞬時に整理し、攻防の判断など、取るべき行動をミリ秒未満で思考します。

 両者が対戦した結果は、AIの圧勝。数度の対戦でGene Leeさんは一度も勝てず、「今まで対戦したなかで、最も攻撃的かつダイナミックで、反応に優れ、信用できるAIだった」と語っています。さらに、設定でAI側の機体性能を低下させたハンディキャップマッチでも、やはり人間は勝てなかったとのこと。

 恐ろしいことに、ALPHAは民生レベルの低コストで運用できるそうです。AIの教育自体は、500ドル(約5万1000円)程度のPCで行われたとのこと。要求される処理能力も、約35ドル(約3600円)のワンボードマイコン「Raspberry Pi」程度です。

 開発者は、「ALPHAを搭載した無人機は、有人機の優秀なパートナーとなるだろう」といった主旨をコメント。人間とAIでチームを組み、少ない人員で戦場をカバー……アニメ「マクロスフロンティア」に似た描写がありましたが、決して絵空事でもないようです。

最終更新:7月1日(金)15時21分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]