ここから本文です

【F1】サインツ・ジュニア、トップチーム移籍のチャンスを確信

ISM 7月1日(金)17時6分配信

 カルロス・サインツ・ジュニアは、2017年シーズンもトロロッソに残留することが発表されたことを受けて、F1のトップチームに移籍する機会が訪れることを確信している。

 レッドブルは、オーストリアGPを前にオプションを行使。サインツ・ジュニアは3シーズン連続でトロロッソから参戦することになった。

 ダニエル・リチャルドとマックス・フェルスタッペンがレッドブルと長期契約を結んでいるため、サインツ・ジュニアが近い将来、トップチームに昇格する可能性は低くなった。

 それでもサインツ・ジュニアは、グリッド上位で戦うチャンスを得られると自信を見せている。

 「シニアチームが今、少し混み合っているのは確かだから、待たなければならないけれど、いいレースが続けばシートをくれるだろうし、オプションも見つけてくれるだろうね」

 「今の仕事を続け、自分自身に集中し続ける必要がある。好成績を出し続けるんだ。そうすればチャンスがやってくるだろう」

 サインツ・ジュニアは、残留が早期に決まったことで2017年を前向きに踏み出せることになったと付け加えている。

 「いいニュースだね。特にレッドブルとトロロッソはシーズン序盤のオプション行使に慣れていないからね。時々、10月か11月になるし」

 「僕とチームの安定性にとってもいいことだ。オプションがこれほど早く使われることに非常に満足しているし、それは僕を信用し続けているという意味だから、みんなに心から感謝している」(情報提供:GP Update)

最終更新:7月1日(金)17時6分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]