ここから本文です

「マッドマックス」「パシフィック・リム」が2本立て!最終日には絶叫上映も

映画ナタリー 7月1日(金)19時51分配信

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「パシフィック・リム」の2本立て上映が、7月28日から31日にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

ジョージ・ミラーが監督を務めた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は「マッドマックス」シリーズの最新作。主人公マックスをトム・ハーディが演じ、シャーリーズ・セロンが女戦士フュリオサ役を務めた。2013年に公開された「パシフィック・リム」は、ギレルモ・デル・トロがレイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧げたSF怪獣映画。チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ、芦田愛菜がキャストに名を連ねた。

最終日の31日には、上映中の声出しや拍手だけでなく、打楽器や鳴り物を持ち込むことも可能な「絶叫上映」を実施。コスプレやメイクのほか、劇中の演出と関連性がある場合のみスタンディングでの鑑賞も許可されている。本企画のチケットは7月2日より劇場窓口およびチケットぴあにて販売開始。

「パシフィック・リム」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
2016年7月28日(木)~31日(日)東京都 新文芸坐料金:一般 1300円 / 学生 1200円 / 友の会、シニア、障害者、小学生以下 1050円<上映作品>「パシフィック・リム」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

「パシフィック・リム」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」絶叫2本立て上映
2016年7月31日(日)東京都 新文芸坐開場 16:50 / 開映 17:30 / 終映 22:10(予定)料金:一律 1800円チケット:7月2日(土)9:45より劇場窓口、同日の10:00よりチケットぴあにて販売開始<上映作品>「パシフィック・リム」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

最終更新:7月1日(金)19時51分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。