ここから本文です

シアーシャ・ローナン&ドーナル・グリーソン「ブルックリン」メイキング映像公開

映画ナタリー 7月1日(金)20時30分配信

第88回アカデミー賞3部門にノミネートされた「ブルックリン」の、メイキングなどを含めた特別映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

コルム・トビーンの同名小説をもとにした本作は、1950年代にアイルランドの小さな町からニューヨークにやって来た女性エイリシュの恋と人生を描く人間ドラマ。「つぐない」のシアーシャ・ローナンが主演し、「BOY A」のジョン・クローリーがメガホンを取った。

このたび公開された特別映像には、ローナンやドーナル・グリーソンら出演者やクローリー、そしてスタッフらのインタビューも収められている。本作はアイルランド各地とカナダのモントリオール、アメリカのニューヨークで撮影を行っており、ローナンは「思った以上に複雑な撮影だった。あちこち場所を変えながら時系列もバラバラに撮影したの」と振り返る。

また本作は「わたしはロランス」「ダラス・バイヤーズクラブ」のイヴ・ベランジェが撮影監督を務めており、ローナンは「彼は光を熟知しているの。なるべく自然光で撮影することで彼特有の素晴らしい映像ができあがる」とその技術を絶賛。映像では、そんな自然光を駆使した撮影の様子も映し出される。

「ブルックリン」は7月1日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。



(c)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

最終更新:7月1日(金)20時30分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。