ここから本文です

魔法少女になり隊、メジャーデビューで新たなステージへ

音楽ナタリー 7月1日(金)22時39分配信

魔法少女になり隊が本日7月1日に東京・原宿アストロホールにて、ワンマンライブツアー「魔法少女になり隊 ワンマンツアー 2016~わたし、魔法少女になりたい!~」のファイナル公演を開催。ライブ中に、9月21日にシングル「KI-RA-RI」でメジャーデビューすることを発表した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

魔法少女になり隊は、魔女に呪いをかけられてしゃべることができない火寺バジルがボーカルを務める“RPG系バンド”。彼女はその呪いを解くために必要な“ハピネス”を集めるため、“歌”という魔法を使いながら、仲間のgari(VJ)、ウイ・ビトン(G, Cho)、明治(G)と共に冒険をしている。東名阪ツアーのファイナル公演となったこの日のライブのチケットはソールドアウト。大勢のファンが待ちわびる会場にサポートメンバーのわくわく君(B)を率いて登場した彼女たちは、「BA・BA・BA ばけ~しょん」で勢いよくライブを開始した。

すでに大盛り上がりのフロアに向けて、バンドは私立恵比寿中学へ提供した「ちちんぷい」のセルフカバーやアニメ「おジャ魔女どれみ」のオープニングテーマ「おジャ魔女カーニバル!!」のカバーを投下。サークルモッシュが起きた「MEGA DASH」では、バジルがばってん印の旗を振りながらキュートな歌声を届けた。

ステージ後方に下がったgariは自ら「こ、このフォーメーションは……!」と観客を煽り、バンドは「☆☆☆☆クエスト」を披露。gariはウルトラオレンジのサイリウムを両手に持ち、ヲタ芸で会場を盛り上げた。このツアーで初披露となった「ハレ晴レユカイ」では、バジルがキュートなダンスでもファンを魅了。続く「ヒメサマスピリッツ」では、扇子片手に妖艶な舞いを踊ってみせた。

「first star」が終わると、メンバーは一度退場。すると、スクリーンにてバンドの結成秘話を明かす映像が上映された。それに続いて「重大発表」「2016年9月21日メジャーデビュー決定」の文字が映し出されると、会場は一気に祝福ムードに。「おめでとう!」の声が飛び交う中、再度バンドと共にステージに現れたgariは「ツアーファイナルという笑顔があふれる場所で、この発表ができてうれしい。メジャーというステージに上がることに、とてもワクワクしています。バジルの呪いを一刻も早くとくために、これからも冒険を続けます。みんな、ついてきてねー!」と呼びかけた。

そして魔法少女になり隊はさっそくメジャーデビュー曲となる「KI-RA-RI」をプレイ。さらに人気曲「冒険の書1」を披露し、盛り上がりがピークを迎えたところでライブは終了となった。なおシングル「KI-RA-RI」の詳細は追って発表される。

魔法少女になり隊「魔法少女になり隊 ワンマンツアー 2016~わたし、魔法少女になりたい!~」2016年7月1日 原宿アストロホール セットリスト
01. BA・BA・BA ばけ~しょん02. 火遁の術03. 狂騒曲ザラキ04. ちちんぷい05. おジャ魔女カーニバル!!06. MEGA DASH07. ☆☆☆☆クエスト08. ハレ晴レユカイ09. ヒメサマスピリッツ10. RE-BI-TE-TO11. first star12. KI-RA-RI13. 冒険の書1

最終更新:7月1日(金)22時39分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。