ここから本文です

「セトウツミ」グッズ続々!猫のニダイメや瀬戸と内海の描いた落書きなど

コミックナタリー 7月1日(金)23時35分配信

此元和津也「セトウツミ」のさまざまなグッズが、秋田書店オンラインストアに登場した。これらは同作の実写映画が7月2日より全国で公開されることを記念したもの。

【この記事の関連画像をもっと見る】

グッズはスマホケース、Tシャツ、トートバッグなど多数。それぞれに描かれた絵柄は猫のニダイメ、謎のピエロ・バルーンさん、ピエロメイクのバルーンアーティスト・バルーンさん、作中マンガ「出てこい!三毛貝ちゃん」に登場する三毛貝、瀬戸と内海の友人・田中真二、11話「人間と動物」で内海が描いたゴリラ、28話「せとと」で瀬戸と内海が描いた落書きなどがフィーチャーされた。

「セトウツミ」は関西の男子高校生2人組・瀬戸と内海が、放課後に他愛もない話を続ける姿を描く会話劇。別冊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載されている。

最終更新:7月1日(金)23時35分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。