ここから本文です

【MLB】マーリンズ、パドレスからF.ロドニー獲得も当面はA.J.ラモスが抑えか

ISM 7月1日(金)14時11分配信

 マイアミ・マーリンズは現地30日、サンディエゴ・パドレスとのトレードを成立させ、守護神のフェルナンド・ロドニー投手を獲得したと発表。見返りとして、マイナーの先発右腕クリス・パダック投手を放出した。

 39歳のロドニーは、今季28試合に救援登板して0勝1敗17セーブ(セーブ機会17回)、防御率0.31と圧倒的な安定感を見せている。メジャー14年間の通算成績は37勝56敗253セーブ、防御率3.58となっている。

 ロドニーは7月1日のアトランタ・ブレーブス戦までにマーリンズに合流する予定。マーリンズのクローザーは現在、昨季32セーブを挙げ、今季もここまで24セーブを記録しているA.J.ラモス投手が務めており、当面の間はラモスが抑えを任されると見られる。

 マーリンズのドン・マッティングリー監督は「フェルナンドと話す機会を得られるまでは、起用について言えることは何もない」とコメントすると、「我々のブルペンはこれまでもとても優秀だった。ロドニーでさらに強力になるだろう」と期待感を示した。(STATS-AP)

最終更新:7月1日(金)14時11分

ISM

スポーツナビ 野球情報