ここから本文です

【NBA】今夏FAのJ.ノア、ニックスと面談へ すぐにも合意か

ISM 7月1日(金)13時34分配信

 現地30日、今夏にシカゴ・ブルズからフリーエージェント(FA)となるセンター、ジョアキム・ノアが、FAとの交渉が解禁される7月1日にニューヨーク・ニックスと面談を行うことがわかった。

 これは米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が関係者の話として伝えたもの。同サイトによると、ニックスとノアの両者ともに、契約を成立させる意志があり、すぐに合意へ至ると見られているという。ノアはニューヨーク出身で、ニックスには昨季までブルズでともにプレーしたデリック・ローズが加入している。

 肩の負傷に悩まされ、手術を受けた1月半ば以降のシーズンを棒に振ったノア。しかし、肩は順調に回復しており、同選手の周囲ではニックス入団の可能性を受けて盛り上がりを見せているようだ。

 31歳ビッグマンは今季、29試合に出場して平均4.3得点、8.8リバウンド、3.8アシスト、1.0ブロックの内容。キャリア9シーズンで平均9.3得点、9.4リバウンド、3.0アシスト、1.4ブロックの成績を残しており、2013-14シーズンには最優秀守備選手賞に輝くなど、ディフェンスに定評があるが、ブルズのフレッド・ホイバーグHCの元では役割を確立できなかった。

最終更新:7月1日(金)13時34分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。