ここから本文です

吉川ひなの、ヨガで学んだ「自分を受け入れる心」

オリコン 7月7日(木)12時13分配信

 ハワイと東京という2つの場所を拠点にしながら活動を続けている、モデル・タレントの吉川ひなの。ブログやインスタグラムなどで頻繁に紹介しているヨガは、本格的に始めて約4年になる。ハワイ生活をしているなかで培った、ヨガとの向き合い方について聞いた。

【写真】自宅の庭でヨガをする吉川ひなの

 そもそも始めたきっかけは「信頼する方に、ひなのにはヨガが合っているから本格的にやってみるといいと言われた」ことからで、今では上級者レベルのポーズまでマスターするほどの腕前に。「ツラいポーズでも1年間やり続けると、そのポーズでゆったりくつろげるようになるんです」と語る吉川。「サボらずきちんとやっているときは、身体も心もまったく違います。日々のストレスにもとても強くなります」と、自身の“変化”についても明かす。

 自身が監修したハワイのガイド本『offto Hawaii』(マガジンハウス刊)で「ヨガを始めた頃はキレイにポーズをとることだと思ってた。でも学んでみたらヨガは生き方なんだってことを知った」と綴っているが、ヨガを通じ「自分を受け入れることが大事」と、健やかで美しい毎日を過ごすための、心の在り方についても学んだという。

 最近では海や自宅の庭など“自然”を感じられる場所で行ってみたり、リラックスできるような音楽を流したり、好きな香りの精油を焚いたりと、心身を癒し開放させる工夫も行っているという吉川。ヨガは、単なる運動だけでなく、自分と向き合いながら心を落ち着かせる大切なひとときとなっているようだ。

最終更新:7月7日(木)14時18分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。