ここから本文です

中川大志&伊藤沙莉&桜田通、東京から千葉へ1日がかりの『全員、片想い』バスツアー

オリコン 7月4日(月)7時10分配信

 俳優の中川大志、伊藤沙莉、桜田通が2日、東京・新宿で行われた映画『全員、片想い』初日舞台あいさつに出席。その後、千葉・蘇我での舞台あいさつ、千葉パルコでのサイン会場を駆け足で巡り、浴衣姿で3ヶ所のイベントに登場した。

【写真】サインを終えてスタッフと記念撮影!中川大志&伊藤沙莉&桜田通

 18時過ぎから行われた蘇我での舞台あいさつでは、3人は満員の観客の大歓声に迎えられた。中川は開口一番「バスの移動時間でたくさん寝れたので、元気満々でやっていこうと思います!」と会場を盛り上げ、千葉市が地元の伊藤は「千葉で映画を観るときは、まさにここで観るんですよ。よくライブとかで言うじゃないですか……『伊藤沙莉が曽我に帰ってきたぞ!ただいま~!』。これがやりたかったんです、本当に。ここで舞台あいさつができることが本当に感慨深いなと思っていて。みなさんにこの映画を観ていただけて幸せです」と満面の笑みを浮かべた。

 一方、桜田は「みなさんが映画を観てくれたあとに、こうやって舞台挨拶ができることを幸せに思います。“片想い”という少し切ないテーマの思い出に残る作品に携わらせていただきました。(8つの“片想い”の物語のなかの)自分の作品も観ていただきたいですが、他にも個性あふれる作品がたくさんありますので、そのなかでみなさんの心に残る作品があったらうれしいです」と熱い想いをあふれさせる。

 そして、最後に中川は「今日1日でこの劇場を含め3ヶ所、4回の舞台あいさつをさせてもらいました。振り返ると、それぞれバラバラの作品で、監督もキャストも別々で集まって、公開を迎えた感じだったので、朝とかはめちゃくちゃ緊張していたんですよね。でも、こうして最後、沙莉ちゃんの地元でアットホームな感じで挨拶をさせていただいて、良い1日になりました。夏に向けて、これから恋したいな、と思ってもらえる作品になっていると思います。いろんな方へ勧めていただいて、広まっていったら幸せです」と語り、拍手を浴びた。

 その後、3人は約100人のファンに囲まれながら、千葉パルコの写真展に向かうバスに乗り込み、笑顔で手を振って最後まで観客たちを楽しませた。そして、パルコのサイン会場では、映画スチール写真のほか、撮影時に使用されていた台本なども一緒に飾られ、懐かしい撮影当時のことを語り合いながらサインを書いた。最後は、パルコのオリジナルキャラクター“パルコアラ”のぬいぐるみとともに集合写真を撮り、1日がかりの初日PRバスツアーを終えた。

最終更新:7月4日(月)16時53分

オリコン