ここから本文です

波瑠、初参加のアンパンマン映画が封切り「本当にすてきなお仕事」

オリコン 7月2日(土)13時22分配信

 女優の波瑠が2日、都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』の初日舞台あいさつに出席した。

【写真】アンパンマン&ばいきんまんも登場

 今作で劇場版アニメの声優に初挑戦した波瑠は「とても難しかったんですけど、楽しくお仕事ができました」と回顧。大勢の親子連れから声援を浴び、作品の成功を実感すると「完成した作品を見て、本当にすてきなお仕事をさせていただいた」と満面の笑みを浮かべた。

 シリーズ第28弾となる同作は、元気で好奇心旺盛な女の子・ルンダ(波瑠)がヒロイン。困ったことが起きると、すぐに体が大きくて優しいロボット・ナンダに頼ってしまう、少し気が強くてワガママなルンダが、アンパンマンたちとの出会いを通して、成長していく姿が描かれる。

 舞台あいさつにはそのほか、戸田恵子、中尾隆聖、中川家、ドリーミング、アンパンマン、ばいきんまんが出席。「今年も心温まる作品になりました」と笑顔で呼びかけた戸田は、劇場版も28作目となり「波瑠さんが生まれる前から始まってたんだよね」とこれまでの歩みを感慨深げに振り返っていた。

最終更新:7月2日(土)14時4分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。