ここから本文です

要潤、番組ナビゲーター初挑戦 日本のお宝の行方探る

オリコン 7月2日(土)13時0分配信

 俳優の要潤が7月3日放送のフジテレビ系日曜ファミリア『日本のお宝を取り戻せ!』(後7:00)で自身初となる番組ナビゲーターを務めることが1日、わかった。文化庁の発表によればおよそ172もの国宝や重要文化財が行方不明となっているなか、その行方を追って韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなどで大規模なロケを敢行する。

【写真】真剣な表情でナビゲーターをする要潤

 要は「お話をいただいた時、すごくうれしかったですが、“何で、僕なんだろう?”という疑問も正直ありました」と正直にコメント。「なかなか、こういったことにチャレンジさせていただく機会もないので、本当に光栄です」と喜んだ。

 2002年、兵庫県加古川市の鶴林寺で韓国人窃盗団により持ち去られた重要文化財の仏画や、戦争の混乱で流出した琉球王国の王冠や鐘など「お宝奪還劇」を、硬派で濃密なドキュメンタリー映像と共に紹介。

 また、それらの映像だけではなく、要は、琉球王国の宝の奪還に人生をかけた喜舎場静夫や貿易商のオフェル・シャガン、それぞれの直接対話も実現。「長い年月をかけて、お宝の所在地を探していらっしゃるということで、非常に強いパワーを感じました」と感銘を受けた。

 撮影は「セリフがあって、1カット、1カット、丁寧に撮影いただいたので、ドラマに似ているなと思いました」と役者としての現場とそう違いはなかったようで、「この番組通じて、日本にもこんなにも貴重なお宝がたくさんあるという事実を誇らしく思いましたし、同時に共に、窃盗被害などの事件に関しては複雑な思いです」と感想を明かしている。

最終更新:7月2日(土)13時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。