ここから本文です

『鷹の爪団のSHIROZEME』がイベント大賞受賞 FROGMAN「歴史好きの夢想を形に」

オリコン 7月2日(土)11時3分配信

 株式会社ディー・エル・イーが企画する城攻めイベント『鷹の爪団のSHIROZEME』がこのほど、国内外の優秀なイベントを顕彰する『第2回JACEイベントアワード』で、優秀賞(部門賞及び最優秀賞)を受賞し、企画者であるFROGMAN氏から喜びのコメントが到着した。

【写真】『鷹の爪団のSHIROZEME』の模様

 『鷹の爪団のSHIROZEME』とは、「本物のお城でリアル城攻め」を行うイベント。2015年11月に島根・松江城で開催され、参加者たちが実際に甲冑を着て、門破り、石垣上り、白兵戦など、戦国武将さながらの体験ができるアトラクションイベント。

 審査員からは、甲冑によるコスプレの要素とゲーム性の高さ、国宝松江城を実際の舞台に使うリアル感、さらに、経済振興に大きく貢献したことなどを評価され、「最優秀賞 経済産業大臣賞(イベント大賞)」を受賞した。

 ORICON STYLEにコメントを寄せたFROGMAN氏は、「『よくこんなこと出来ましたね!?』。授賞式で、審査員や記者の方から何度も聞かれました。昨今、『地方活性化』と言葉だけが先行しがちで実が伴わない自治体が多い中、これ程までに大胆に、地域の文化財を観光資源として活用した事例はないと、審査員の皆さんからも大絶賛を受けました」と語る。

 「でも、イベントの内容自体はそれほど斬新でもないのです。歴史好きからすれば、誰もが一度は夢想することを、単に形にしただけですから。一番の課題は、『こんな企画を許すか許さないか?』それがすべてでした。ですから今回の受賞のMVPは、まさに松浦市長と松江市の皆さんでしょう! また城つながりで、今回のアワードで受賞した弘前市の皆さんとも、被災した熊本城へ、何かの形で支援できないかとも検討中です」と構想を明かし、「これからもSHIROZEMEの輪を全国に広げていけるよう、頑張ってまいります」と意気込んでいる。

 6月29日には島根・松江市内で会見が行われ、9月17日に開催する『鷹の爪団のSHIROZEME in 国宝松江城 2016』の概要説明や、松江城の国宝指定1周年を記念し、7月8日に鷹の爪団の吉田くんが1日城主として任命されることが発表された。

最終更新:7月2日(土)11時3分

オリコン