ここから本文です

【GOLF】松山はイーブンパーの18位タイ発進 首位はW.マクガート

ISM 7月1日(金)8時53分配信

 世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズのWGC-ブリヂストン招待が現地時間30日、オハイオ州のファイアーストーンCCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。今季1勝のウィリアム・マクガート(米)が6アンダー64で単独首位に立つ中、松山英樹は6打差18位タイからのスタートを切った。

 過去2戦連続予選落ちの悪い流れを断ち切りたい松山。最終組でのスタートとなったこの日は1オーバーで迎えた8番パー4で2打目を80センチにつけて取り返すも、続く9番から連続ボギーの苦しい展開に。それでも、13番バーディのあと、16番667ヤードのパー5ではグリーン奥からの3打目、イーグルトライがわずかに外れるもタップインバーディ。再びイーブンパーに持ち直す粘りを見せ、3バーディ、3ボギーの内容で初日を終えている。

 前月のザ・メモリアル・トーナメントでツアー初優勝を遂げたマクガートは、要所でロングパットを沈める6バーディ、ノーボギーのラウンドで後続に3打差をつけて首位発進。3打差2位タイには世界王者ジェイソン・デイ(豪)にエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)、ジミー・ウォーカー(米)の3人が並んでいる。

 4打差5位タイには世界No.2のジョーダン・スピース(米)、リッキー・ファウラー(米)らが並び、全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(米)、ジャスティン・ローズ(英)らがさらに1打差の9位タイにつけた。一方、昨季覇者シェーン・ロウリー(アイルランド)は6オーバー76の51位タイと出遅れ。そのほか、松山以外の日本勢も苦戦を強いられ、塚田陽亮が8オーバー78の55位タイ、松村道央が9オーバー79の57位に沈んでいる。

最終更新:7月1日(金)9時14分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]