ここから本文です

【GOLF】上原、3打差5位タイで2戦連続好発進! 首位はB.ヘンダーソン

ISM 7月1日(金)11時49分配信

 米女子ツアーのキャンビア・ポートランド・クラシックが現地時間30日、オレゴン州のコロンビア・エッジウォーターCCを舞台に第1ラウンドの競技を終了。昨季大会覇者のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が7アンダー65で単独首位に立つ中、上原彩子は3打差5位タイからのスタートを切った。

 前週大会で単独トップで初日を終えた上原が再び好発進を切った。インからスタートしたこの日は11番でバーディを奪うと、次の12番、13番でもスコアを伸ばし3連続バーディ。さらに15番でもバーディパットを決め、4アンダーで折り返す。後半も安定感あるプレーを見せ、トータル5アンダー、1ボギーの4アンダー68で初日を終えた。米ツアー初優勝に向けて2日目も勢いを維持したいところだ。

 その他日本勢では、横峯さくらが4アンダー3ボギーの内容で1アンダー71の26位タイ発進。2012年大会覇者の宮里美香は2オーバー74の80位タイ、2010年大会覇者の宮里藍は4オーバー76の105位タイと出遅れている。

 今季のメジャー大会、KPMG女子PGA選手権を制したヘンダーソンは9バーディ、2ボギーでスコアを7つ伸ばす猛チャージ。大会2連覇に向けて好位置につけた。2打差の2位タイにはアンジェラ・スタンフォード(米)、デミ・ルーナス(米)、マリアージョ・ウリベ(コロンビア)が並び、3アンダー69で回ったスーザン・ピーターセン(ノルウェー)はリー・アン・ペース(南ア)ら4人と並んで9位タイとなっている。

最終更新:7月1日(金)12時39分

ISM