ここから本文です

スパイス・ガールズ、再結成は2017年までお預け

BARKS 7月3日(日)22時1分配信

デビュー20周年を迎える2016年、ツアーを行なうと期待されていたスパイス・ガールズだが、年内はかなわず、お祝いするのは2017年になるそうだ。

◆スパイス・ガールズ画像

メルBは、アメリカのトーク番組『Live With Kelly』でこう話した。「今年は20周年記念で、パーフェクトな年になる。でも、会場がもう予約でいっぱいなの。だから来年、なにかやれたらいいって考えているところよ」

スパイス・ガールズの再結成に関しては、ヴィクトリア・ベッカムが参加しないと表明したことで、一度は4人でやると決まったものの、突然メルCが「やっぱり5人でないと…」と難色を示し始めたため、暗礁に乗り上げたと伝えられている。そうこうしているうちに、希望していた会場が埋まってしまったのかもしれない。

メンバーの意見が一致しなければ、2017年の開催さえ危ういのではとも推測されるが、エマ・バントンは今週、「ファンのためにやりたい」と話した。「彼女たちほど忠実なファンはいない。彼女たちがお祝いしたいっていうのなら、私たちは彼女たちと何かやるわ。それは間違いないって、私は思ってる」

スパイス・ガールズは1996年7月にデビュー・シングル「Wannabe」をリリース。同年9月に1stアルバム『Spice』を発表した。

Ako Suzuki

最終更新:7月3日(日)22時1分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。