ここから本文です

Dynaudio PROから小音量でも正確なモニタリングができるDSP搭載パワードモニター「LYD」シリーズ

BARKS 7月1日(金)13時20分配信

ビーアイ・フォースは、Dynaudioのプロフェッショナルモニターの最新ラインナップ「LYD」シリーズを7月下旬より発売する。

「LYD」は、プロデューサーやミュージシャンのニアフィールド・モニターへ小音量でも正確なモニタリングを提供するモデル。Dynaudioのプロオーディオスタジオモニター部門のDynaudio PROブランドからリリースされる。パワフルで96kHz/24bitのシグナルパスを持った最先端のClass-D アンプと、新開発のソフトドーム・ツィーターとトレードマークのMSPウーファーが正確なモニタリングを実現。また、的確に設計されたDSP技術により、10Hzの低域再生周波数の伸長や、設置位置、サウンド・バランスなどの最適化が可能。どんな環境でもより良いモニタリングが行える。

「LYD」シリーズのラインナップは「LYD 5」「LYD 7」「LYD 8」の3モデル。ドライバーの大きさに関わらず全モデル共通した均一のサウンド・キャラクターに仕上げられているため、異なるサイズを組み合わせて、用途に合ったサイズのモニター・セットアップを柔軟に構築できるのも特徴だ。

「LYD 5」は Dynaudio のトレードマーク言えるマグネシウム・シリケート・ポリマー(MSP)素材の手作りのウーファーを採用。鋼性、重量、震動減衰の完璧なバランスを提供する。ウーファーには社内工場にて手作りされたアルミニウムのボイスコイルを使用。銅の代わりに軽量アルミニウムを使用することでボイスコイルの重量を極限まで軽くしており、これにより冷却効果が増大し、また特徴的なフラット・コーン・デザイン(軸上周波数特性が向上)を可能にした。

「LYD 7」は開放型ポールピース型のダブル・ネオジム・マグネット方式を採用し、大口径ボイスコイルでマグネットを囲むことで、極めて正確なドライバー・コントロールを可能に。低質量のアルミニウム・ボイスコイルとワイヤーの採用で、高速で卓越したトランジエント・レスポンスを実現している。

「LYD 8」は 8インチ MSPウーファーを搭載したシリーズ最大のモデル。HF 50W/LF 80Wのバイアンプ設計により高解像度で豊かな音声再生を実現し、小規模スタジオやホーム・モニタリング・セットアップで優れた再生パフォーマンスを提供する。

製品情報
◆LYD 5
価格:80,000円(税別)
◆LYD 7
価格:95,000円(税別)
◆LYD 8
価格:120,000円(税別)
国内出荷開始日 : 2016年7月下旬頃予定

最終更新:7月1日(金)13時20分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。