ここから本文です

小寺可南子、新バンド『WOW.』は杉本善徳プロデュース

BARKS 7月3日(日)22時12分配信

小寺可南子が新バンド『World Of the WORLD.(略称WOW.)』の本格始動を発表した。同バンドの新曲は杉本善徳が作詞/作曲/プロデュースを手がけたことも明らかとなっている。

◆World Of the WORLD. 画像

これまで『空の軌跡SC』や『閃の軌跡』など、軌跡シリーズと呼ばれるゲーム作品などを中心に多種多様なシーンで活躍してきた小寺可南子が6月25日に渋谷Lounge NEOで開催したワンマンバースデイライブ<コテボーン2016>は、シンガーとしての大きな節目となった。

ライブのエンディングナンバーとして、ゲーム『空の軌跡 the3rd』の主題歌「Cry for me,Cry for you」を披露した小寺は「今まで、ありがとう」との言葉を発した。これにはフロアが一瞬静まり返ったが、「……って言うと最後みたいやけど、最後じゃないから! 新しく、バンドでの活動を開始します!」と宣言。以前より小寺が“謎の企画”として水面下での活動をチラつかせていたWorld Of the WORLD.の始動が発表され、温かい拍手の中でライブは幕を閉じた。

ライブ終演後に配られたフライヤーにはWOW.オフィシャルサイト開設情報が記載されており、同サイトでは初ライブの告知とPS4(R)用“ド”アクションゲーム『LET IT DIE』公式参加ソングに「LET IT DIE ──プラトニックな言葉で、今すぐ殺して」が決定したことがアナウンスされていた。

「LET IT DIE ──プラトニックな言葉で、今すぐ殺して(洋題:LET IT DIE ──deeper and deeper )」は、杉本善徳が作詞/作曲/プロデュースを手がけたものであり、新バンドのプロデュースも杉本が行う。World Of the WORLD.のメンバーはKON(G)、野広繁(B)、Dewey(Dr)、yuna(Key)の4人に小寺可南子を加えた編成であることが発表されているほか、小寺曰く「裏方に居るよくわからない立ち位置の人」として須賀勇介が関与していることも明らかとなった。

World Of the WORLD.による初ライブは2017年2月18日、南青山Future SEVENにて。

■ライブ情報
2017年2月18日(土)南青山Future SEVEN
open 17:00 / start 18:00
▼チケット
前売り:¥3,000-(オールスタンディング)
一般発売日:2016年12月24日(土)
※詳細は近日、World Of the WORLD.オフィシャルサイトにて発表予定

最終更新:7月3日(日)22時12分

BARKS