ここから本文です

Bryan Associates Club、「第2回目の主催イベントが決定しました」

BARKS 7月3日(日)22時11分配信

Bryan Associates Clubが8月7日、自身主催イベント第二弾を開催することが発表となった。これは先ごろ開催された<YATSUI FESTIVAL2016>のステージ上にて明らかにしたものだ。まずは当日のライブを振り返ってみたい。

◆Bryan Associates Club 画像

2016年も1万人を動員した<YATSUI FESTIVAL2016>は大盛況。その2日目のVUENOS会場トップバッターがBryan Associates Clubだ。4月に急逝した故プリンスへのオマージュともとれる女性ナレーションのSEが鳴る中、メンバーが一人ずつゆっくりと登場し、のっけから爆発的なイントロを持つ新曲「Visitor」を披露した。間髪入れずにヘヴィなギターリフとニューウェイヴなシンセが絡まる「革命前夜」、エレクトロなオルタナティブチューン「骨伝導massive」と続けて、ステージも客席もどんどん熱気を帯びていく。

「New Song……Loving the Alien」

というヴォーカルBryanのMCから新曲「Loving the Alien」へ。妖艶かつロマンティックな世界観と叙情的な歌詞もあいまった“これぞB.A.C”といえる独自の空間を演出した。さらに、速い8ビートドラムから始まった新曲「最後のピアニスト」では、歯切れのよい縦ノリのダイナミックな演奏とキャッチーで艶っぽいメロディに彼らの新境地が浮かび上がる。

ライブ定番の煌びやかなエレクトロナンバー「FANCY 2 FANCY」、妖艶な「Tonight」はオーディエンスのクラップと合唱を呼び、クライマックスを迎えたところで彼らのステージが終了した。そして、前述のアナウンスはその後に。

「俺たちB.A.Cから発表があります。8月7日、六本木の音楽実験室新世界で第2回目の主催イベントが決定しました」──Bryan

音楽実験室新世界は2014年11月7日にBryan Associates Clubとして初のワンマンライブを行なった記念碑的な会場であり、B.A.CからBryan Associates Clubに再び改名した彼らの心機一転スタートに絶好の場所となる。

■Bryan Associates Club<B.A.C to the Future vol.2>
2016年8月7日(日) 音楽実験室 新世界(西麻布)
OPEN:17:00 START:17:30(予定)
出演:Maison book girl / Bryan Associates Club and more...
▼チケット
前売/当日 ¥2800/¥3300
発売日:2016年7月16日10:00~
(問)新世界 03-5772-6767 (15:00~19:00)
会場先行受付 http://shinsekai9.jp/

最終更新:7月3日(日)22時11分

BARKS