ここから本文です

星野源がACジャパンのCMに新曲提供、憧れの人・植木等とコラボ

CINRA.NET 7月1日(金)12時3分配信

星野源の新曲“Hello Song”がACジャパンのCMソングに起用されることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

同曲が使用されるのは、ACジャパンの2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」のテレビCMおよびラジオCM。「2020年に向けて、日本を考えよう」というテーマのもと、東京オリンピックが開催された1964年当時の映像と星野による書き下ろしの楽曲がシンクロした映像になっている。

CMには星野が憧れているという植木等の映像も使用されているほか、星野はナレーションも担当。CM動画はACジャパンのオフィシャルサイトでも公開されている。

なお星野の新曲“Drinking Dance”を使用した「ウコンの力」のCMも本日7月1日からオンエアがスタートした。

■星野源のコメント
動く植木等さんと自分の歌が同じ場所にいる。10歳の頃から想い続けた植木さんへの気持ちを、こんな風に歌にする機会がくるとは思っていませんでした。本当に感慨深く、未来は予想外に、やはり面白いです。全ての人に笑顔の未来が訪れるように祈っています。

CINRA.NET

最終更新:7月1日(金)12時3分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。