ここから本文です

三菱自、燃費不正の「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」販売を7月5日から再開

オートックワン 7/1(金) 10:24配信

三菱自動車は、燃費不正問題で販売を停止していた「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」の販売を7月5日(火)から再開すると発表した。

販売再開する「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」

三菱自動車は、「eKワゴン」「eKスペース」および日産「デイズ」「デイズルークス」の4車種において、燃費を実際よりも良く見せるために不正な操作を行っていたことを4月20日に発表していた。

6月21日には新届出燃費値が確定し、また顧客への補償金も確定したことを受け、再開の運びとなった。

燃費数値を改ざんした軽自動車の4車種(2013年6月から生産されている三菱eKワゴン/三菱eKスペース/日産デイズ/日産デイズルークス)については、顧客に1台当たり一律で10万円の補償金を支払う方針。軽自動車以外で燃費を改ざんした車種では、1台当たり3万円を支払うという。

最終更新:7/1(金) 10:24

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。