ここから本文です

【インド】写真を郵便切手に─120万ルピーで

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 7月1日(金)16時5分配信 (有料記事)

 インド郵政(DoP)は6月29日、写真や会社の社名などを印刷した切手を発行する方針を明らかにした。120万ルピー(約180万円)を払えば、好きな写真や会社のロゴマークの入った切手ができるという。PTI通信が同日付で報じている。

 インド郵政のS・K・シンハ次官は、「マイ・スタンプ」の対象を個人や企業に広げ、特注も受け付ける方針を表明。「正味120万ルピーで、誰でも自分の写真や自社のロゴを切手に印刷できる。切手6万枚を5,000シート準備する」と述べている。本文:860文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7月1日(金)16時5分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。