ここから本文です

目標はサマソニ出演! 韓国出身4ピースバンド、N.Flyingのサードシングルは「夏のアンセム」間違いなし/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 7月1日(金)12時11分配信

「FTISLAND & CNBLUEの弟分」として、今年2月にシングル「Knock Knock」で日本メジャーデビューを果たした、韓国出身の4ピースバンドN.Flying。彼らの待望のサードシングル「Endless Summer」が7月13日にリリースされる。

N.Flying 夏のアンセム「Endless Summer」無料配信>>

夏の暑気を吹き飛ばすような、疾走感あふれるリズムと、ロックとヒップホップを融合させた、彼らの真骨頂とも言えるアレンジ。そんなパワフルで楽しいN.Flyingワールドは、この夏のアンセムソングとして大きな話題を集めること必至だ。すでにライブでも披露し、オーディエンスから熱烈なリアクションを受けているというこの曲の聴きどころや、最近プライベートでハマっていることを聞いた。

―― セカンドシングル「Endless Summer」の聴きどころを教えてください。

キム・ジェヒョン(ドラムス): この曲は、タイトル通り夏らしくとても涼やかでスッキリした曲になりました。音だけでなく映像も、夏らしさが感じられるような素晴らしい内容になって、とても満足しています。耳と目の両方で、みなさんを涼やかな気持ちにさせられると思っています!(笑)あと、レコーディングでは僕ら4人全員が初めてコーラスにチャレンジしました。リズムも軽快でテンポも速く、きっと楽しんでいただけるはずです!

―― では、そのミュージックビデオの見どころ、お気に入りのシーンは?

チャ・フン(ギター): 舞台はパーティールームなんですけど、メンバー全員で本気で楽しく遊んでいて。

クォン・グァンジン(ベース): 現場では、僕らはもちろんスタッフの皆さんも楽しんでくれて、非常に良い雰囲気の中で撮影に臨めたと思います。その日はちょうど雨が降っていたんですけど、それすら楽しい思い出の一つになりました。あと、チャ・フンが言っていたように、パーティールームで楽しくみんなで遊ぶシーンがあったのですが、本当に心から楽しめたので、今回はすべてが楽しいエピソードの連続でした。

―― 最近みなさんがプライベートでハマっていることは?

ジェヒョン: 最近はゲームに夢中ですね。オンラインもビデオゲームもやるんですけど、とくに『ONE PIECE』の対戦アクションゲームが大好きです。

グァンジン: まだ始めたばかりなんですが、柔道にハマっています。もともと剣道もやっていて、5年くらい習って「二段」の資格を持っているんです。それで、今回は柔術をやろうか柔道をやろうか迷っていたんですけど、先だって柔道の見学をしに行ったら、そこの館長さんが45年くらい柔道をやっていらして、武道全般に対するとても深い造詣を持っていた方だったんです。その方に惹(ひ)かれて入門したといってもいいでしょうね。

1/3ページ

最終更新:7月1日(金)12時48分

トレンドニュース(GYAO)