ここから本文です

2016年上半期“ゲス不倫”カレンダー発表!

dmenu映画 7月1日(金)21時0分配信

まだ上半期だというのに今年は不倫スキャンダルの“当たり年”とでも言いたくなる2016年。ほとんど毎日のように誰かしらの不倫が報じられているという有様です。連日の不倫報道に食傷気味というか暴飲暴食で胃薬すら受け付けないくらいの状態でしょうが、そんなところにわざわざ今年上半期の不倫騒動を振り返ってみます。

“ゲス不倫”という言葉を生んだゲス川谷×ベッキー

もう何といったって、不倫イヤーの今年を象徴する“ゲス不倫”なる言葉を世に浸透させたのが、ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫劇。正月ボケもさめやらぬ1月7日発売の『週刊文春』で報じられ、その後LINE流出で「センテンススプリング」や「卒論」なんて言葉が話題になりました。ただただ不毛な芸能暗黒史の一つとして、今後も何かというとネタにされることでしょう。この一件で好感度が上がったのは、「金スマ」で“ベツキー”を優しく厳しく諭したSMAP中居正広だけでした。

さて次に全員独身者ですが、お笑い芸人の狩野英孝とシンガーソングライターの川本真琴、タレントの加藤紗里の3角関係騒動は、スキャンダル続きで疲弊した芸能リポーターにも「箸休め」と言われた案件。スッと飛ばして次に行きましょうか。自民党の宮崎謙介衆院議員(当時)と元グラビアタレントとの不倫騒動もありました。2月10日発売『週刊文春』で報じられ、この時もLINEで宮崎元議員が相手に送ったとされる「私のど真ん中はソナタ」なんて、なかなか恥ずかしい一文が明るみに出ました。

泥沼になった桂文枝と、すぐ沈静化した石井竜也

落語家・桂文枝と34歳下の元演歌歌手・紫艶との20年にわたる不倫愛を報じたのは2月20日発売の『FRIDAY』。翌21日に文枝は会見を開き、涙ながらに謝罪しましたが、文枝が十数年前に関係は終わっていると主張したせいか、紫艶はフェイスブックで文枝の全裸写真を公開したり、「愛人手当」として振り込まれていた金額なども暴露するという、泥沼の騒動に発展しました。

米米CLUBの石井竜也と20代女性との不倫を報じたのは3月16日発売『女性セブン』。石井は同日に公式サイトで報道を認めるとともに、ファンや関係者だけでなく自身の妻と娘、母親、さらに亡き父親に対しても反省を示した謝罪文を掲載。そしてその翌日には妻と一緒に手を繋いで公の場に出て、報道陣に深々と頭を下げて謝罪しました。比較的大きな騒動には発展せずに終息したのは、石井の元々のイメージによるところも大きいのでしょうが、迅速に、そして真摯に対応した謝罪が功を奏したとする声は多く、今後謝罪する芸能人にとっての好例となりました。

1/2ページ

最終更新:7月1日(金)21時0分

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。