ここから本文です

「私、スナックのママになります」JUJU、一夜限定で“世界最大のスナック”開店へ。

E-TALENTBANK 7/1(金) 11:47配信

6月30日、東京国際フォーラムAにて、NHKドラマ『聖女』主題歌「ラストシーン」、昨夏のヒットチューン「PLAYBACK」、NTV系ドラマ『偽装の夫婦』主題歌「What You Want」など、5枚のシングルを収録した、昨年12月リリースのJUJU6枚目となるオリジナルアルバム『WHAT YOU WANT』を提げて、JUJUが全国37箇所で開催中の「JUJU HALL TOUR -WHAT YOU WANT-」の東京公演が行われた。

熱狂のうちに本編が終了し、興奮冷めやらずアンコールを求める大合唱が巻き起こった。

すると突然、ステージにかかった紗幕に、かつてJUJUが大人気のカヴァーライブ「ジュジュ苑」での歌唱シーンが流れ、「一夜限りの世界最大のスナック開店!JUJUの愛した歌謡の世界余すことなくお届けする目眩く魅惑の一夜。10月10日(祝・月)(=JUJUの日)「-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU」in 国立代々木競技場 第一体育館」という映像が投影されると、会場は大歓声に包まれた。

その声を掻き消すようにバンドの演奏が始まり紗幕が上がると、スナックの定番ソング「六本木心中」を歌唱したJUJUは、改めてMCで「私、スナックのママになります」と伝え、5000人のファンを盛り上げた。今年で日本記念日協会による認定から9回目を迎える『JUJUの日』を記念して、10月10日に国立代々木第一体育館を舞台に、世界最大のスナック「スナック JUJU」を開店することを発表した。

オリジナル作品を立て続けに発表しながらも、J-POPカヴァーシリーズ『Request』、JAZZカヴァーシリーズ『DELICIOUS』、洋楽カヴァー『TIMELESS』などを通じてシンガーとして洋楽邦楽問わず名曲をカヴァーすることをライフワークとしてきたJUJUは、JAZZとともに日本の70年代、80年代の歌謡シーンの名曲をこよなく愛し、「スナックは、歌を好きになったきっかけの場所であり、今も修行の場である。」と語っている。

昨年7月、代々木第一体育館でのカヴァーライブ「ジュジュ苑」でJUJUが発した「今日は私をスナックのママだと思って。。。」という一言に、ファンから「ママー!」の熱いコールが沸き起こったことも記憶に新しく、その「ジュジュ苑」をベースとした本格的な巨大スナックの開店にファンの期待が高まる。

JUJU OFFICIAL SITEでは、JUJUに歌ってほしい歌謡曲のリクエストもスタートしており、今後のさらなるスナック情報に注目が集まる。

<本人コメント>
「日本記念日協会から10月10日をJUJUの日と認定いただいてから早くも9回目のJUJUの日。今年は私、スナックのママになります!!私が歌を大好きになったきっかけでもあるスナックと歌謡曲。『スナックJUJU』にご来店してくださる皆様に、思う存分楽しんでいただけたらと思っています! -JUJU」

最終更新:7/1(金) 11:47

E-TALENTBANK