ここから本文です

阪神、DeNA久保康に手も足も出ず…二塁すら踏めずに3安打完封負け

Full-Count 7月1日(金)8時33分配信

先発の岩崎は6回3失点と最低限の仕事も…貧打で5位転落

 手も足も出なかったとは、まさにこのことだろう。30日のDeNA戦(甲子園)は二塁すら踏めず散発3安打での完封負け。阪神・金本監督は試合後の会見で「遊ばれとった。何と言っていいか」と貧打に終わった打線を嘆くしかなかった。

 DeNA先発・久保康の緩急を使った絶妙な投球術にはまった。5回までは1人の走者も出せない“完全投球“。6回の先頭・北條が遊撃内野安打を放ち反撃ムードが漂ったが、中谷、代打・伊藤隼、高山が凡退し無得点。7、8回にも走者を出すが打線は繋がらなかった。

 初のスライド登板となった岩崎は6回7安打3失点と最低限の仕事を果たしたが、初回、2回と続けて失点するなどピリッとしない内容に「初回に簡単に点を取られてしまった。失点の内容も悪かった。悔いが残ります」と、序盤の失点を悔やんだ。投打がかみ合わない敗戦でチームは5位に転落。若手を積極的に起用する「超変革」を体現しているが苦しい状況が続いている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月1日(金)8時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報