ここから本文です

JALの最新リージョナルジェットE190、仙台に就航 民営化を応援

乗りものニュース 7月1日(金)12時0分配信

全席が本革で電源装備の最新機

 JAL(日本航空)は2016年7月1日(金)、今年5月10日から国内線で運用を始めた新機材エンブラエル190(E190)型機を仙台空港にも就航させました。これまで同機の運航は大阪(伊丹)~鹿児島線のみでしたが、この日より大阪(伊丹)~仙台線と、大阪(伊丹)~福岡線でも飛ぶことになります。

 E190型機は、エンブラエル社(ブラジル)が製造する座席数100席未満のリージョナルジェット機(地域間輸送用旅客機)ですが、上級シートの「クラスJ」や、全席へのユニバーサルPC電源装備、本革シート採用など、JALによると「お客様の快適性を向上させた最新機種」といいます。この日、仙台空港が民営化される記念すべき日であることから、それを応援するために同機を就航させたそうです。

 JALは、これにより「仙台~大阪(伊丹)線の座席数が増加し、ますます利用しやすくなります」とのこと。仙台~大阪(伊丹)間ではANAとIBEX、仙台~大阪(関西)間ではLCCのPeachも就航しています。

恵 知仁(乗りものライター)

最終更新:7月1日(金)12時54分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]