ここから本文です

【ブラジル】文民警察官が1日業務停止 給与遅延や労働環境に抗議=リオ

サンパウロ新聞 7月1日(金)5時32分配信

 リオ・デ・ジャネイロ州の文民警察官と署長が27日、給与支払いや労働環境の改善を求める抗議活動を行い、午前8時から午後4時まで警察署での応対の一部と犯罪捜査の活動を停止した。逮捕された犯罪容疑者の拘置など必要な対応は維持された。国内メディアが報じている。

 文民警察官団体は市民に向けた声明で、同州の財政危機により、給与の支払いだけでなく、ペンや被害届を印刷するための紙、トイレットペーパーなどの警察署備品が不足し、外部委託による警察署・法医学院の清掃や社会福祉の契約も切れていると現状を説明。労働条件の改善を訴えるとともに、8月に開幕するリオ五輪を前に警察の情報システムやデータバンクが危険にさらされているとしている。

 同団体の代表によれば、このほかにも、車両燃料費や被勾留者の食費なども不足し、警察官が自費で支出することもあるという。

 27日の抗議行動では、黒い服装の参加者が市内中心部のラパにある文民警察本部に集まり、州議会まで行進。ガレオン国際空港では、参加者たちが「地獄へようこそ。警察官と消防隊員は給与を受け取っていない。リオ・デ・ジャネイロへ来る人は安全ではないでしょう」と英語で書かれた横断幕を到着口で掲げた。

 文民警察は声明で、警察官側の要求や抗議行動の動機に理解を示している。

 ドルネレス州知事代行によれば、州内の警察活動維持のための資金は今月1日になくなり、現在は連邦政府が治安関係費として約束した30億レアルの支援を待っている状態だという。資金は30日には送金される見込みという。

サンパウロ新聞

最終更新:7月1日(金)5時32分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。