ここから本文です

ラオニッチ、チリッチ、ゴファンらが2回戦を突破 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/1(金) 0:55配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス2回戦で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第11シードのダビド・ゴファン(ベルギー)、第27シードのジャック・ソック(アメリカ)らが3回戦に勝ち進んだ。

錦織が2回戦突破でウィンブルドンでのマッチ10勝目 [ウィンブルドン]

 そのほかのシード勢の2回戦では、第13シードのダビド・フェレール(スペイン)がニコラ・マウ(フランス)に1-6 4-6 3-6で、第23シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)は予選勝者のルーカス・ラッコ(スロバキア)に3-6 6-3 6-7(5) 4-6で敗れている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦 主な試合結果】

○10ピエール ユーグ・エルベール(フランス)3-6 7-6(1) 7-6(0) 6-2 ●11ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

○14ニコラ・マウ(フランス)6-1 6-4 6-3 ●16ダビド・フェレール(スペイン)[13]

○17ダビド・ゴファン(ベルギー)[11] 6-4 6-0 6-3 ●19エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)[Q]

○23デニス・イストミン(ウズベキスタン)6-4 7-6(5) 6-2 ●21ニコラス・アルマグロ(スペイン)

○25ジャック・ソック(アメリカ)[27] 6-1 6-3 6-7(3) 6-4 ●28ロビン・ハッサ(オランダ)

○32ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[6] 7-6(5) 6-4 6-2 ●29アンドレアス・セッピ(イタリア)

○44スティーブ・ジョンソン(アメリカ)6-1 7-6(6) 6-3 ●42ジェレミー・シャルディ(フランス)

○49マリン・チリッチ(クロアチア)[9] 6-2 6-7(6) 6-4 6-4 ●51セルゲイ・スタコウスキー(ウクライナ)

○54ルーカス・ラッコ(スロバキア)[Q] 6-3 3-6 7-6(5) 6-4 ●56イボ・カルロビッチ(クロアチア)[23]

○58アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)6-3 6-4 6-4 ●60ジル・ミュラー(ルクセンブルク)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JUNE 30: Milos Raonic of Canada plays a backhand during the Men's Singles second round match against Andreas Seppi of Italy on day four of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 30, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/1(金) 0:55

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]