ここから本文です

トルコのテロにセレブが追悼の意を表明

ELLE ONLINE 7月1日(金)22時50分配信

現地時間6月28日(火)にトルコのイスタンブールの空港で起きた自爆テロ。セレブたちが犠牲者への追悼メッセージを表明している。

ケイティ・ペリーはTwitterに「世界共通の終わらない問題:私たちは不幸せな世界に住んでいる。幸せを必須のものにするにはどうすればいいの?」とメッセージをアップ。ケイト・ハドソンは「イスタンブールに愛と光を」、パリス・ヒルトンも「この悲劇に見舞われたすべての人、このような意味のない暴力に被害を受けた世界中の人に想いと祈りを捧げます。こんなことは止めなくてはいけない」というメッセージとともにトルコの国旗の写真やイラストをインスタグラムにアップ。

マドンナはお腹にトルコの国旗のモチーフを描いた男性ダンサーとの2ショットなどをアップし「イスタンブールのために祈りましょう。相手を愛することがなぜそんなに困難なの?」「あなたたちの恐怖は私たちの恐怖よ。暴力の連鎖を止めましょう。トルコのため、そして平和のために祈りましょう」とトルコへの追悼の意を表明。またジャレッド・レトも「トルコへ--私たちの思いと心はあなたたちとともにいる」と国旗の写真をインスタグラムにアップしたそう。

フランスやベルギーなど世界中で多発するテロ。セレブたちとともに改めて世界の平和と犠牲者たちの安らかな眠りを祈りたい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月1日(金)22時50分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。