ここから本文です

【MLB】カーショー、軽度椎間板ヘルニアで自身2度目のDL入り

Full-Count 7月1日(金)8時49分配信

エース左腕がまさかの離脱、ドジャースは先発右腕ノリスをトレード獲得

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、30日(日本時間7月1日)、エース左腕のクレイトン・カーショウ投手を軽度の椎間板ヘルニアのため故障者リスト(DL)に入れる、と発表した。複数の米メディアが伝えている。

 カーショウは6月26日のパイレーツ戦で今季2敗目を喫した後、腰の痛みを訴えていた。その後、遠征中のチームから離れてロサンゼルスへ戻り、腰の専門医でもあるロバート・ワトキンス医師の診察を受けた。MRI検査の結果、軽度の椎間板ヘルニアと診断され、チームはDL入りを判断したそうだ。現在は硬膜外注射を受け、症状の改善を待っているという。

 ドジャースの球団公式サイトによれば、ロバーツ監督は「彼はこれが最良の道だと理解している。あれだけタフな男だ。医師の診断を受けるには、相当の覚悟がいったはず。彼がどれほどの痛みを味わっているのか誰にも分からない」と、2008年のデビュー以来、たった一度しかDL入りしたことがない強靱な心身を持つ左腕を思いやったそうだ。

 カーショウは、2週間ほど前から越しに違和感を感じ、治療を受けながらマウンドに上がっていたそうだ。それでも今季これまでの成績は11勝2敗、防御率1.79という素晴らしい成績を残している。ロバーツ監督は「痛みがない状態でどんな投球を見せてくれるのか、想像もつかない」と話し、今は治療に専念し、その後の活躍を期待したという。

 エース左腕を失ったドジャースは、早速トレードで先発ローテの補強に乗り出した。ブレーブスから右腕バド・ノリスとを獲得。ノリスは今週末のロッキーズ3連戦で先発することになりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月1日(金)9時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]