ここから本文です

ソニーコンピュータサイエンス研究所社長と第3次AIブームを考える

ニュースイッチ 7月1日(金)7時56分配信

北野宏明氏「まさに数学の戦い。前回とは戦っている場所が異なる」

 人工知能(AI)が第4次産業革命の主役に躍り出ようとしている。第3次AIブームとも呼ばれ、その活用領域はかつてないほどの広がりをみせている。AIブームは突然再燃したかにも見えるが、新たな取り組みは10年前から始まり、そこに気付いた投資家らは早くから動いていた。今回のブームに日本勢はどう向き合えばよいのか。AI研究の草分けでもあるソニーコンピュータサイエンス研究所(東京都品川区)の北野宏明社長は「今回は数学の戦いだ」と明言する。AI研究の最新動向や日本の現状について、ソニーコンピュータサイエンス研究所の北野宏明社長に聞いた。

 ―AI研究が脚光を浴びています。
 「ディープラーニングの進歩により、いままで難しかった問題が解決しつつある。万能ではないが、例えば画像認識能力では人間を凌駕(りょうが)するものもある。ニューラルネットのアルゴリズム、ビッグデータ、計算機パワーの三つがそろってきたことが大きい」

 ―前回とのブームとの違いは。
 「ディープラーニング系の機械学習はまさに数学の戦いだ。難しい数式を見ながら、そこで議論ができ、数式をこう書けば学習能力がどのくらいよくなるかなどが分かる人材がたくさんいないと、歯が立たない。前回のAIブームとは戦っている場所が異なる」 

 ―グーグルのアルファ碁は人間を超えたのでしょうか。
 「アルファ碁は盤面中央をがっさりと取って勝てる。同じことは人間には計算できず、打った場所から周辺部を固めていくが、アルファ碁は人間が見えない先まで読めているわけだ。将棋の電脳戦でも序盤でコンピューターが間違えたかと思ったが、今やそれが定石となりつつある。囲碁や将棋以外でも、AIが人間では分からない原理を発見することはあり得る」

 ―ロボットとの融合も話題です。
 「自動走行車や飛行ロボット(ドローン)はAIが要であり、そこで戦わずして負けることはあってはならない。ロボットといえば人型が話題となるが、需要は限定的だ。AI活用では人型以外が圧倒的に多い」

 ―具体的には。
 「例えば自動走行車。車というよりはロボットだ。自動走行の実装技術はエンジニアリングが必要で、そこは日本やドイツが強い。しかしブレーン(頭脳)のところは、数学ができる人を抱え込まないと戦えなくなる。自動走行車は『できることは見えている』と聞く。(DeNA子会社の)ロボットタクシーのような実験を恒常的に行うことが必要だ」
(聞き手=斎藤実)

1/2ページ

最終更新:7月1日(金)7時56分

ニュースイッチ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。