ここから本文です

波乱 昨年準Vムグルサがまさかの2回戦敗退<女子テニス>

tennis365.net 7月1日(金)1時49分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会4日目の30日、女子シングルス2回戦が行われ、昨年準優勝を飾った第2シードのG・ムグルサ(スペイン)が予選勝者で世界ランク124位のJ・セペロヴァ(スロベニア)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、2回戦で姿を消す波乱が起きた。

ウィンブルドン対戦表

この試合、セペロヴァに主導権を握られたムグルサは第1セットを落とすと、第2セットでは凡ミスが目立ち、最後はムグルサのバックハンドがネットを越えず、わずか59分で敗れた。

世界ランク2位のムグルサは、昨年のウィンブルドンでA・ケルバー(ドイツ)、C・ウォズニアキ(デンマーク)、A・ラドワンスカ(ポーランド)らを破ってグランドスラム初の決勝進出を果たし、S・ウィリアムズ(アメリカ)に敗れるも準優勝を飾った。

今年の全仏オープンでは決勝でセリーナを破って四大大会初優勝を果たし、今大会でも優勝候補の1人だった。

一方、勝利したセペロヴァは今大会予選3戦を勝ち抜いて本戦入りを果たし、1回戦でM・デュケ=マリーノ(コロンビア)を下して2回戦へ駒を進めていた。

未だツアー優勝はないが、昨年のウィンブルドンでは1回戦でハレプを逆転で破る金星をあげた。

2回戦では第28シードのL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7月1日(金)1時49分

tennis365.net