ここから本文です

仙台駅発車メロディ、27年ぶり更新へ 地元ゆかりの曲に JR東日本

乗りものニュース 7/1(金) 12:00配信

編曲、演奏も仙台ゆかりの音楽家と楽団が担当

 JR東日本・仙台支社は2016年6月29日(水)、仙台駅(仙台市青葉区)ホームの発車メロディを、より地域の魅力を発信できる曲にリニューアルすると発表しました。

 発車メロディの更新は、JR東日本によると27年ぶり。使用される曲は、新幹線ホームがさとう宗幸さん作曲の歌謡曲『青葉城恋唄』、仙石線を除く在来線ホームが仙台の祭りやイベントなどで披露されるという『すずめ踊り』です。

 編曲は仙台を拠点に活動する音楽家の榊原光裕さん、演奏は仙台フィルハーモニー管弦楽団が担当しました。新しい発車メロディは、7月1日(金)から使用されます。

 このほか仙台駅では、7月1日(金)、デジタル技術を駆使した体感型情報発信拠点「ヨリ未知ポータル」が2階吹き抜けコンコースにオープン。また、そこにはレンタサイクル「DATE BIKE」の無人登録機も設置され、仙台を訪れた観光客の利便性向上が図られます。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/1(金) 13:46

乗りものニュース