ここから本文です

戦術家コンテがドイツ崩しに動く! すでに選手たちにクロース潰しとキミッヒ狙いを指示

theWORLD(ザ・ワールド) 7月1日(金)11時50分配信

ドイツをも封じ込めるか

ここまでベルギー代表、スペイン代表と優勝候補にも挙げられる強豪国を倒してきたイタリア代表監督のアントニオ・コンテは、すでに準々決勝で対戦するドイツ代表戦に向けたプランを描いているようだ。

伊『TuttoSport』によると、コンテの狙いはドイツの司令塔トニ・クロースだ。クロースはすでにEURO2016で400本以上のパスを成功させており、今大会屈指のパサーだ。イタリア戦でもこれまで通りクロースのパスからゲームを動かしてくるだろう。当然コンテもその脅威を理解しており、すでに選手たちにクロース潰しを命じている。

コンテはクロースが左サイド寄りでボールを受ける機会が多いことを理解しており、そこを潰す考えだ。クロースはそこから右サイドを上がってきたジョシュア・キミッヒにサイドチェンジのボールを入れるケースが多く、それを防ぐ狙いもあるのだろう。

また、攻撃面ではそのキミッヒを狙うよう指示を出しているという。コンテはキミッヒの守備力に難があると感じているようで、攻撃時はイタリアの左サイドが1つのポイントとなりそうだ。スペイン戦ではエマヌエレ・ジャッケリーニが左サイドに流れてチャンスを演出していたが、そうした動きがカギを握ることになるだろう。

コンテはドイツ戦のビデオを見て研究を重ねているようだが、現代でも屈指の戦術家となっているコンテはドイツをも封じ込めるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月1日(金)11時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]