ここから本文です

期待のティエムやフェレールら シード勢が2回戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 7月1日(金)5時17分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会4日目の30日、男子シングルス2回戦が行われ、第8シードのD・ティエム(オーストリア)は世界ランク64位のJ・ヴェセリ(チェコ共和国)との同世代対決に6-7 (4-7), 6-7 (5-7), 6-7 (3-7)の接戦の末に敗退。同日には第13シードのD・フェレール(スペイン)らシード勢の早期敗退が相次いだ。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

ティエムとヴェセリは一歩も譲らず3セット全てタイブレークにもつれ込む接戦となった。常に攻めの姿勢を崩さず打ち込むティエムだったが、粘りのプレーで食らいついてきたヴェセリに押され、最後はフォアハンドがラインを割り、2時間45分の接戦に終止符が打たれた。

今シーズン、ティエムはハード・クレー・芝の3つのサーフェスで優勝。全仏オープンではグランドスラム初4強入りで、大会後の世界ランキングでは初のトップ10入りを果たすなど、今最も勢いのある若手選手の1人。

一方、勝利したヴェセリは3回戦で第31シードのJ・ソウサ(ポルトガル)と対戦する。

今年4月のモンテカルロ・マスターズでは、2回戦で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)をフルセットで破る金星をあげた。過去のウィンブルドンでは、2014年の3回戦進出が最高成績。

また、同日の2回戦では第13シードのフェレールがN・マウー(フランス)に1-6, 4-6, 3-6のストレート負け。第16シードのG・シモン(フランス)はG・ディミトロフ(ブルガリア)に3-6, 6-7 (1-7), 6-4, 4-6、第26シードのB・ペール(フランス)はJ・ミルマン(オーストラリア)に6-7 (5-7), 3-6, 6-4, 2-6で敗れるなど、シード勢が早期敗退。

一方、第2シードのA・マレー(英国)、第5シードの錦織圭(日本)らは順当に3回戦へ駒を進めた。

tennis365.net

最終更新:7月1日(金)5時17分

tennis365.net