ここから本文です

地元選手ワトソン、SNSのコメントに困惑 「あまり賢いとは思えない」<全英テニス>

tennis365.net 7月1日(金)11時51分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス、芝、グランドスラム)は大会4日目の30日に再開された女子シングルス1回戦で、A・ベック(ドイツ)に6-3, 0-6, 10-12の接戦の末に敗れたH・ワトソン(英国)は自身の公式ツイッターに寄せられた厳しいコメントに困惑していた。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

29日に開始されたこの試合、ワトソンから6-3, 0-6, 0-1とした所で雨のためにこの日ヘと順延となっていた。しかし再開された試合を接戦の末に敗退したワトソンは、この敗戦へ厳しい批判のコメントが寄せられていることを明かした。

「常にこのようなコメントをしてくる人達はいる。負けると起きてしまうもの。それには何とか対処しなければならない。面と向かって言う勇気はないから、だからインターネットに隠れて言っている。」とワトソンは思いを明かしていた。

ワトソンはこの数年間、イギリスを代表するトップ選手。これまでウィンブルドンでは、昨年を含めて2度の3回戦進出を果たしており、1977年のV・ウェード以来となるイギリス人チャンピオンへの期待が寄せられていた。

同時にワトソンは、試合への賭けをして負けたからそんなコメントをしている人達へも厳しい意見を述べていた。

「どうして我々の試合に賭けるのか分からない。なぜなら、試合の経過や結果はどこでも分かってしまうのに。まず、あまり賢いとは思えない。」と思いを語っていた。

勝利したベックは2回戦で、第31シードのK・ムラデノヴィック(フランス)を6-3, 6-3のストレートで下したA・サスノビッチ(ベラルーシ)と対戦する。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月1日(金)11時54分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]