ここから本文です

18歳の若さでマンオブザマッチに選ばれたポルトガルの怪物「チームがよくやった結果」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/1(金) 16:30配信

落ち着きはらった18歳

18歳でこの落ち着きぶりはまさに“怪物”だろう

30日、EUROラウンド8でポーランドと激突したポルトガル。開始2分に先制点を許す厳しい展開だったが、レナト・サンチェスが貴重な同点弾を挙げると、最後はPK戦の末にポルトガルが準決勝へと駒を進めている。PK戦でも2番手のキッカーとして成功したサンチェスがマンオブザマッチに選ばれ、試合後コメントしている。『UEFA.com』が伝えた。

「得点したときはチームにとっても僕にとっても素晴らしい瞬間だった。僕らはハードワークし、ベストを尽くした。批判する人々もいたが、気にせず僕らは準決勝へと進めたよ。あまりに早く先制点を許してしまったが、最後まで戦い続けた。ゴールはチームがよくやった結果だ。マンオブザマッチはうれしいけど、チームのあとからついてくるものだからね」

18歳ながら勝利にもマンオブザマッチにも浮かれることのないサンチェス。優勝を目指すポルトガルにとってこの若武者がキーマンになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/1(金) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革