ここから本文です

シャンタル・トーマス、仏老舗キャバレー「クレイジー・ホース」とコラボ

AFPBB News 7月1日(金)16時24分配信

(c)AFPBB News

【7月1日 AFP】仏パリ(Paris)の老舗キャバレー「クレイジー・ホース(Crazy Horse)」は6月30日、65期のゲストアーティストにデザイナーのシャンタル・トーマス(Chantal Thomass)を迎えると発表した。トーマスにとって舞台芸術監督としての初仕事となるこの「Dessous Dessus(上に下に)」と題されたショーは10月に公開される。トーマス氏はAFPに対し、「やりがいがある。ある意味、危険に身を置くようなものだけど、そういうのが好きなの」と語った。(c)AFPBB News

最終更新:7月1日(金)16時45分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。