ここから本文です

伝統のイルミネーション、日本の夏を飾る 東京

AFPBB News 7月1日(金)18時15分配信

【7月1日 AFPBB News】目黒雅叙園(Meguro Gajoen)内の東京都指定有形文化財「百段階段(HyakudanKaidan)」で1日、ねぶたや竿燈(かんとう)など、明かりにちなんださまざまな伝統工芸やアート作品を展示する「和のあかり×百段階段(Wanoakari×HyakudanKaidan2016)」が始まった。

【関連写真(全21枚)】各地の夏祭りが一堂に

 展示会場の「百段階段」は、1935年に建てられた木造建築。天井や欄間(らんま)に花鳥画などをあしらった豪華絢爛(けんらん)な室内装飾で知られる。そこに、ねぶた師や花火師といった伝統の夏祭りを支える職人から、切り絵作家や妖怪絵師など新進アーティストまで、全国各地から集まった36団体が作品を展示。色とりどりの明かりで、幻想的な空間を演出している。8月28日まで。(c)AFPBB News

最終更新:7月1日(金)19時34分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。