ここから本文です

オリンピック日本代表メンバーが決定 手倉森監督が思考するチームのスタイルとは……

theWORLD(ザ・ワールド) 7月1日(金)18時10分配信

「小さな隙を大きな穴にしていく」

U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は、リオ・デ・ジャネイロオリンピックに向けた18名のメンバーを発表した。

18名のメンバーには常連メンバーのMF遠藤航(浦和レッズ)、MF大島僚太(川崎フロンターレ)、DF植田直通(鹿島アントラーズ)らに加え、海外組のMF南野拓実(ザルツブルク)、FW久保裕也(ヤングボーイズ)、オーバーエイジのFW興梠慎三(浦和レッズ)、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)、DF塩谷司(サンフレッチェ広島)が選出された。

手倉森誠監督は選考したメンバーについて「集中開催であるリオの大会でU-23世代でも強みとして発揮した「まとまり」、それをこの18人でうまく発揮できると思うし、調和のとれたメンバーになった。ロシアワールドカップに繋げられるメンバーとして期待しているし、戦術に関しても柔軟性を発揮できるメンバー構成となった」と語っている。

先日行われた南アフリカ戦を振り返りながら、チームのスタイルについて「最初に辛抱させれる展開となったが、相手の強みをしっかりと受け止めたなかで弱みを探りながら隙をついていく。そしてゲームを読みながら勝利をもぎ取る。そういうスタイルがいまの日本代表のスタイル。ゲームをコントロールしながら、読みながら、相手の心理を汲みながら小さな隙を大きな穴にしていく。そういう試合を本大会ではしていきたい」とコメントした。

またメンバー構成について「中盤は中央の枚数を増やして両サイドの枚数を減らしている。高さも十分ではない。でも日本代表の強みは、おそらく速さだと思う。そこを考慮してメンバーを構成した。この大会では押し込まれて守らなければいけない状況になると6割思っている。守備を厚くするため、ボランチを4枚にしている。前線の選手たちは少数先鋭かも知れないが、チャンスも少数かもしれない。そこをつける選手たちを揃えたつもり」と説明している。そして「選手のコンディショニングを見極めながら、体力の分散をし、間違いなく全員がピッチに立つ」と明かした。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月1日(金)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。