ここから本文です

ハム栗山政権で最長8連勝! 高梨が7回無失点11Kで4勝目&首位ホークス撃破

Full-Count 7/1(金) 21:16配信

打線も11安打で5得点

 日本ハムは1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で5-2と勝利した。今季最長の8連勝で、首位・ソフトバンクと8.5ゲーム差とした。試合のなかった2位・ロッテには0.5差に迫った。

 3年目・高梨裕稔投手が躍動した。最速146キロの直球、100キロ台のカーブを武器に、7回5安打無失点。無四球と制球も安定し、2回以降は毎回奪三振で、プロ入り最多の11三振を奪った。98球とテンポの良い投球で4勝目をマークした。

 また、中田が3試合ぶりにスタメン復帰した打線は2回に杉谷と田中賢の重盗で先制。3番・陽岱鋼は3回1死二塁で右中間適時二塁打、4回1死一、二塁で右前適時打と2打席連続タイムリーをマーク。11安打5得点を奪った。

 12年に監督就任した栗山政権では最長の8連勝。2日は昨季新人王・有原航平、3日は二刀流・大谷翔平が先発する。チームを支える2枚看板で連勝をさらに伸ばしたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/1(金) 21:23

Full-Count