ここから本文です

18歳レナト・サンチェスに舌を巻くポルトガル代表DF「プレミアリーグは大きな才能を逃した」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月1日(金)21時0分配信

一時はマンU行きが濃厚だったが

サウサンプトンに所属するポルトガル代表DFジョゼ・フォンテは代表でチームメイトのレナト・サンチェスの才能に驚きを隠せないようだ。

レナト・サンチェスはEURO準々決勝で初ゴールを挙げ、2試合連続のマンオブザマッチに輝いた。また、大会前にはバイエルンへの移籍も決まっている。一時は同じプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに来ることが濃厚とみられていただけに、フォンテはプレミアリーグにとって大きな損失だと話している。米『ESPN』がコメントを伝えた。

「彼はプレミアリーグに来る可能性があったし、大きな才能を逃したね。彼はとても良い青年で、ベテランの声もよく聞いている。学びたいという姿勢が素晴らしいね。彼を獲得できたバイエルンはラッキーだよ」

一部報道によれば、バイエルンはレナト・サンチェスに3500万ユーロを支払っており、18歳にかける移籍金としては非常に高額な部類だ。しかし今大会の活躍を見ればその投資が無駄に終わる可能性は低いだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月1日(金)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。