ここから本文です

トップレベルの技術を持ちながら試合には出場できず…… インシーニェ「誰が点を取っても妬んだりしない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月1日(金)21時20分配信

バックアッパーの役割に満足

イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェにとって今回のEURO2016は非常に奇妙なものかもしれない。チームの中でトップレベルのテクニックを持ちながら、試合に満足に出場できていないからだ。指揮官アントニオ・コンテの戦術にインシーニェはあまりフィットしているとは言えず、スタメンで起用されるのはなかなか難しいものがあるだろう。

インシーニェほどの選手であれば試合に出場できないことにフラストレーションを溜めても不思議はないが、同選手はいたって冷静だ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、インシーニェはベンチスタートが続いている現状について質問を受けたが、誰が得点を取っても問題ないとバックアッパーとしての役割に満足していると語った。

「僕は監督に呼ばれればいつでもベストを尽くすよ。僕は常に魅力的なプレイをし、得点を狙っている。でも、チームが勝っている限り何も気にはならない。勝っている試合では誰が得点を決めるかは重要ではない。僕は誰が得点を取っても妬んだりしてないし、誰が得点を取ろうと得点は僕たちにとって大切なものだからね」

インシーニェはスペイン代表戦で途中出場から印象的なプレイを見せ、チームの2点目に大きく関わった。細かいタッチとスピードは今後も試合の流れを変えたい際に重宝されそうだが、インシーニェはベンチでも腐ることなく準備を整えている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月1日(金)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報