ここから本文です

ハマの41橋を巡るクルーズ船就航へ 屋根なく景色を堪能

カナロコ by 神奈川新聞 7月1日(金)7時3分配信

 京浜臨海部の産業観光に活躍するクルーズ船「かなもえ号」が今夏、横浜市内41の橋を巡るツアーに就航するのを前に、出発式が30日、同市中区のピア象の鼻で開かれた。

 神奈川県と横浜、川崎両市、臨海部の立地企業や旅行・交通事業者などでつくる京浜臨海部産業観光推進協議会が主催した。協議会会長の李宏道ローズホテルズ・インターナショナル社長は「多くの方に京浜臨海部を見て学んでもらい、また来たくなるような神奈川になることを期待している」と話した。

 かなもえ号は全長約12メートルで44人乗り。景色を堪能できるように屋根がないのが特徴。京浜フェリーボート(横浜市中区)が運航し、協議会キャラクター「カナちゃん」「萌(もえ)ちゃん」から命名した。

 ツアーは約1時間で、ピア象の鼻を出航し大岡川、中村川、堀川を巡り、横浜港内からピア日本丸に到着する。就航は7月中旬以降。開催時期や料金などツアーの問い合わせはティー・ゲート電話03(6859)0212。

最終更新:7月1日(金)7時3分

カナロコ by 神奈川新聞