ここから本文です

まるでトム・ソーヤ、大自然の木の家

Lmaga.jp 7月1日(金)8時0分配信

兵庫県観光百選の第1位にも選ばれた高原・瀞川平一帯にある「但馬高原植物園」(兵庫県美方郡)。その園内に、まるでアニメ『トム・ソーヤーの冒険』を思わせるようなツリーハウスが完成。7月1日にオープンする。

【画像】樹齢1,000年超の「和池の大カツラ」

樹齢1,000年を超える巨木「和池の大カツラ」の保護をテーマに設立された「但馬高原植物園」。園内は自然林の植生をそのまま保護しつつ、残るエリアも可能な限り自然を生かして整備され、その豊かな環境下にある樹木、草花の自生植物2,000種類以上といわれている。

そんな園内に建てられたのは、まるでトム・ソーヤとハックルベリー・フィンが遊んでいたようなツリーハウス。このツリーハウスはレストランになっており、7月1日のオープンから期間限定のバーベキューメニューがスタート(11月6日まで)する。

メニューには、地元の名産・但馬牛をまるごと堪能できるコース(SSコースは但馬牛200g+野菜・ライス付き/10,000円)のほか、計4種がスタンバイ。SSコースは3日前の予約が必要(そのほかは当日午前まで予約可)。詳細は公式サイトにて。

最終更新:7月4日(月)11時9分

Lmaga.jp