ここから本文です

2017年F1は拡大か、縮小か。ブラジル国内から継続は不可能との声

オートスポーツweb 7月1日(金)8時54分配信

 F1ヨーロッパGPが開催されたアゼルバイジャンのバクーで、バーニー・エクレストンは「2017年は22レースを準備しているが、おそらく18レースになるのではないか」と語った。そして、噂されているブラジルGPの将来について「来年は開催されないかもしれない」と発言。

またひとつ伝統が消えてしまうのか?

 この発言に反応してか、ヨーロッパGPが幕を閉じた4日後に、ブラジルGPの主催者がリリースを出した。

「サーキットのエンジニアリング部門が6月22日にブラジルのメディアを集めて見学会を行った。6000万ドル(約61億8000万円)を投じたチャレンジングな3年間の改修工事が、いよいよ終了しようとしているからだ。今年のブラジルGPは、生まれ変わったインテルラゴスでの最初のグランプリとなる」

 F1の商業権を統括するFOMとブラジルGPの契約は2020年まであり、工事はそれを見越して昨年から始められたものだった。しかし現在ブラジル経済は、これまでにないほど悪化している。6月20日に発表されたブラジルのGDPは、1~3月期で実質成長率が前年同期比5.4%減というマイナス成長。ブラジルのマイナス成長は8四半期連続で、この2年間ずっと景気が後退しているのだ。

 あるブラジル人ジャーナリストのA記者は、次のように嘆く。

「おそらく今年が最後のブラジルGPとなるだろう」

 ブラジルGPの開催権料は年間2450万ドル(25億2350万円)と言われている。主催者側の収入は基本的にチケットしかないため、これを賄うためには、1枚3万円のチケットを8万枚売らなければならない。それは、ほぼ不可能だとA記者は言う。ブラジルで長年F1中継を行っている「TVグローボ」は、ブラジルGPをサポートしている。A記者はTVグローボと仕事をしているので、ブラジルGPの内部事情が入ってくる。そのA記者が「TVグローボは来年以降テレビ中継は続けるものの、もうブラジルGPのサポートは行わないだろう」と言うのである。

 もし今年でブラジルGPが幕を閉じることになれば、1972年から続いている連続開催は44回で終了。南米大陸からF1が姿を消すことになる。南米大陸で初めてF1が開催されたのは、1953年のアルゼンチンGP。この長い歴史が、ついに途切れてしまうのだろうか。

 リオデジャネイロ五輪で盛り上がるブラジルだが、F1開催は最大の危機に直面している。


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月1日(金)8時54分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]