ここから本文です

メルセデスが来季F1タイヤをテスト。2014年型マシンを使用

オートスポーツweb 7月1日(金)13時51分配信

 メルセデスはピレリに協力し、シルバーストンテストで2014年のマシンを使い、2017年タイヤの開発テストを行う。

2016年第8戦ヨーロッパGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 イギリスGP後の12日、13日に開催されるF1合同テストで、メルセデスはW05を持ち込み、来季開発用のタイヤを装着して走行する。

 2017年にはタイヤサイズが今季より大きくなるが、今回のテストで使うタイヤは、現行のものとサイズも形状も同じでありつつ、来季のコンパウンドの要素を取り入れたものだという。

 今回の走行に関してピレリがある程度費用を負担するようだが、メルセデスに渡る正確な金額は明らかになっていない。メルセデスのリザーブドライバーで、今年マノーからF1デビューを果たしたパスカル・ウェーレインが走行を担当する。

 来季タイヤはフロントの幅は今より60mm広くなり305mmに、リヤは80mm増えて405mmになる。ピレリは接地面を増やしてメカニカルグリップを向上させるため、形状の調整も行っているという。
 
 新仕様導入のため、今後本格的なテストが開催される予定で、8月にはプロトタイプタイヤを使用しての初のテストが2015年型マシンを使用して行われる。詳細なスケジュールは近いうちに発表される見込みだ。

 シルバーストンテストでは、メルセデスはタイヤテストとは別に、今季用マシンでも走行を行い、ジュニアドライバーでルノーのリザーブドライバーを務めるエステバン・オコンが2日にわたりステアリングを握る。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月1日(金)14時46分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]