ここから本文です

ブランドル息子、LMP2のG-ドライブ・レーシング・オレカに加入

オートスポーツweb 7月1日(金)14時46分配信

 今月のル・マン24時間でイオタ・ラン・チームのリザーブドライバーだった25歳の英国人で元F1ドライバー、マーティン・ブランドルの息子でもあるアレックス・ブランドルが、今季後半の世界スポーツカー耐久選手権(WEC)で、LMP2のG-ドライブ・レーシング・オレカのラインアップに加わることとなった。

 7月24日にニュルブルクリンクでスタートするWEC後半戦でルネ・ラスト、ロマン・ルシノフとともにG-ドライブオレカ・ニッサン05をシェアすることになったブランドルは、G-ドライブへの加入を「本物の特権」のようだと説明する。

「ルネの長年に渡る経験とロマンのペースで、僕たちは強力な組み合わせになると思う」

 チーム代表のサム・ヒグネットも「トップレベルの耐久パフォーマーとして、アレックスの能力はすでに知られている。英国最高のスポーツカーの、新進気鋭のドライバーのひとりであることは間違いない」と評価する。

「チームに彼を迎えることができて喜んでいる。彼はチームに明るい未来をもたらしてくれる存在だと信じている」

 同チームは前半戦を戦ったナサニエル・ベルトンに変え、ル・マン本選ではライバルのマノーからF1参戦していたウィル・スティーブンスをレンタル起用していた。

 また、2013年のWECでOAKレーシングから参戦経験のあるブランドルは、現在ELMSのLMP3クラスでユナイテッド・オートスポーツからエントリーし、シリーズ首位を守っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月1日(金)14時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]