ここから本文です

スーパーGT:第8戦もてぎの週末2レースは、どちらも250kmでの争いに

オートスポーツweb 7月1日(金)19時5分配信

 11月12日~13日に行われるスーパーGT第8戦もてぎの決勝レースは、土曜、日曜とも250kmで争われることとなった。これはシリーズ最終戦と第3戦の代替戦を開催するツインリンクもてぎが本日発表したリリースで明らかとなったもの。

 5月にはスーパーGTをプロモートするGTアソシエイションが、『平成28年熊本地震』の影響により開催を中止した第3戦オートポリスの代替イベントを最終戦もてぎの週末に行うと発表していた。

 その際、12日(土)には第3戦代替戦の公式予選と決勝レース、13日(日)に第8戦の公式予選と決勝レースを行うこと、ウエイトハンデは代替戦については参戦7戦目のウエイト(ポイント×1kg)で、第8戦については参戦8戦目の車両はノーウエイトで争われることがアナウンスされていたが、レース距離などの詳細は明かされていなかった。

 今回の発表によれば、大会名称は『2016 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FIAL 熊本地震復興支援大会』に決定。12日(土)はオートポリス大会の代替として『SUPER GT Rd 3 GT250kmレース』が、13日(日)にはシーズン最終戦として『SUPER GT Rd 8 GT250kmレース』が開催される。

 また、今大会の前売りチケットは9月10日(土)より販売開始となることも発表された。なお、チケットの種類や価格などの詳細、復興支援の具体的な取り組みなどについては、決定次第、別途アナウンスするとしている。 

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月1日(金)19時30分

オートスポーツweb